竜騎兵隊

亜竜であるペンネブラチアを騎獣とする軍。
始祖王・エヴレンは竜の子とされており、その為に竜の加護があったという伝説がある。ペンネブラチアはエヴレンと契約を結び、人々に力を貸すようになったとされている。その証が竜騎兵隊である。
エヴレン帝国崩壊後、長らくその存在は伝説とされていたが、エジュデルハ帝国の始祖アルプはペンネブラチアを従えることに成功し、竜騎兵隊を組織。
以来、竜騎兵隊はエジュデルハ帝国の主戦力であると同時に、栄えあるエヴレン帝国の再来の証として帝国の象徴だった。それが先の大戦で惨敗を喫したのである。

  • 最終更新:2018-02-15 09:25:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード