流転竜・マーロード

流転竜・マーロードは月を司る女神である。
水と植物を司るともされ、大地を司るアーシャと共に、農民には広く信仰されている他、
その名の通り、巡るものに加護を与えるとされる為に旅人から、
精神性や知恵を高めるともされるので学者や求道者から、
あるいは月を司ることから夜の神とされ、夜の商売や犯罪に携わる者からの信仰もある。

マーロードは月の女神ということで、太陽神ともされるミトレアスと夫婦として祀られている場合もある。
図像としてはあちこちに花々の意匠の組み込まれた竜として描かれることが多い。

なおこの女神、地域(特に南方)によっては双子のハーロードがおり、
その場合にはマーロードが植物、ハーロードが水の神とされ、
デオン伝説では二人で冥府を治めている。

後述するようにミトレアスとは少々因縁があり、彼とは度々「(夫婦)喧嘩」をしている。
そのとばっちりで人間達が被害を被り、アーシャから窘められる

  • 最終更新:2018-02-15 09:28:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード